顎関節症の原因

歯ぎしり、食いしばり

仕事中や集中している時、就寝時に無意識にいつの間にか顎を動かす筋肉に負担がかかり下顎のズレや頭蓋骨の歪みを引き起こしてしまいます。

 

ストレス

ストレスから身を守るため無意識に食いしばってしまいます。就寝時に食いしばりをしている方は日中のストレスを寝ている時に思い出しているので食いしばっているそうです。

歯列の問題

本来人間は噛む時以外、上下の歯の間はわずかな空間がるのが普通です。しかし無意識に噛みしめることが癖になっているため常に顎に負担がかかっています。

 

噛んだ時に下の歯が上の歯より前にでてしまう反対咬合も歯列の問題が発生してしまうため常に顎に負担がかかってしまいます。

 

楽器などの演奏

吹奏楽部で楽器を毎日演奏していると顎関節や顎の筋肉に負担がかかってしまうため症状が出てしまいます。

 

バイオリンなどの楽器や片方の顎に負担のかかる物も顎への負担があります。

 

カラダの歪み

内臓や頭蓋骨、不良姿勢が顎に負担となり顎関節症を引き起こしている

 

歯列の問題で顎関節症になっている場合は歯科での治療になりますがその他のカラダの歪みやストレス、食いしばりから起こっている顎関節症は歯科での治療ではなかなか改善しないタイプです。

 

顎関節症は症状が出て初めて気が付く症状ですが、無意識に習慣化していることが顎関節症に繋がっています。

 

あおば整体院のご案内

〇〒983-0868
 仙台市宮城野区鉄砲町中5-9アスコット鉄砲町1F
〇駐車場
 近隣コインパーキングのご利用をお願いします

24時間対応専用メールフォーム


〇アクセス
仙台駅東口徒歩12分



TOPへ