顎関節症とは

顎関節症とは、顎の関節とその顎に関連する筋肉=咀嚼筋(そしゃくきん)に発生する症状です。
顎関節症といっても定義が広く大まかに4つのタイプに分類されます。

 

顎関節症のタイプ

1咀嚼筋痛障害

顎を動かしたり咀嚼したりする側頭筋や咬筋などの筋肉に炎症が起こるタイプ

 

・口を開ける時、開けた時に痛みが出る
・顎がだるい、重い
・頬が膨れている

 

関節自体には問題はありません。

 

2顎関節障害

軟骨、靭帯、関節包といった軟部組織に無理な力が加わり関節自体に痛みが出るタイプです。

 

・口を開ける時、開けた時に痛みが出る
・ズキズキした痛みがある
・関節が熱を持って腫れている

 

など無理に動かすと炎症がひどくなり顎関節の動きも制限されます。

 

3顎関節円板障害

顎関節の内部構造の引っ掛かりや運動障害です。

 

顎関節内の軟骨(関節円版)がずれて元の位置に治まらない時に痛みがでるタイプ

 

・口を開ける時にポキポキ音が鳴る
・口を開ける時に途中で引っ掛かる
・大きく開ける時にズキっと痛みが走る

 

音が鳴るだけでは問題ありませんがそのままにしておくと痛みが出てくる可能性があります。

 

4変形性関節症

下顎の関節突起の変形で顎関節を動かす時に痛みが出るタイプ

 

4のタイプは診断が難しくレントゲンやMRIなどの検査が必要です。

 

ご自分がどのタイプなのかをしっかり判断する必要があります。

 

厚生労働省e-ヘルスネット情報提供ページより一部抜粋

 

あおば整体院のご案内

〇〒983-0868
 仙台市宮城野区鉄砲町中5-9アスコット鉄砲町1F
〇駐車場
 近隣コインパーキングのご利用をお願いします

24時間対応専用メールフォーム


〇アクセス
仙台駅東口徒歩12分



TOPへ