自律神経失調症とは

自律神経には大きく分けるとカラダを興奮させる作用の交感神経とカラダをリラックスさせる作用の副交感神経の2つがあります。

 

この2つの神経のバランスが乱れてカラダに何かしらの症状が出ているのにも関わらず、病院の検査では原因がわからないとされる症状のことを言います。

 

交感神経も副交感神経のどちらも自律神経と呼ばれ脳や筋肉、内臓、皮膚ほとんどすべての全身に分布している神経です。

 

多くは心臓の循環や呼吸、排泄などに作用し一日中365日休むことなく働いて私たちの生活リズムと整えてくれています。

 

カラダ全身に分布しているので自律神経が乱れるとカラダのいろんな不調に繋がるのです。

 

例えば胃腸であれば交感神経が優位に働くと便秘になり、副交感神経が優位に働くと下痢になります。

 

毎日夜遅くまで起きていれば自然と交感神経優位のカラダになってしまいますので筋肉の緊張が取れず寝ても脳が起きているので疲れも取れません。

 

私たちが生活する上で自律神経はとても重要になります。

あおば整体院のご案内

〇〒983-0868
 仙台市宮城野区鉄砲町中5-9アスコット鉄砲町1F
〇駐車場
 近隣コインパーキングのご利用をお願いします

24時間対応専用メールフォーム


〇アクセス
仙台駅東口徒歩12分



TOPへ