めまい

めまいと一言でいっても、その症状は人によって様々です。

 

「朝、起きる時」「立ち上がる時」「疲れてくると」「ストレスが溜まってくると」

 

ひどい時はめまいと一緒に嘔吐をしてしまってそのまま身動きが取れなくなってしまうこともあります。

 

めまいのタイプは人によって様々

回転性めまい

めまいの中で一番激しいタイプのめまいの症状です。

 

周囲のものがグルグルと回ったり、天井やカーテンが流れて見えたりします。

 

ひどい場合はめまいと同時に吐き気や実際に嘔吐する場合もあります。

 

立っていられなくなったり、その場に座り込んだり、横になったまま動けなくなってしまう場合もあります。

 

回転性のめまいは、脳に障害がない場合は三半規管という耳の奥にあるバランスを司る器官の機能低下で起こることがほとんどです。

 

症状は、数分間で終わることもあれば、数日続くこともあります。

 

浮遊性めまい

「カラダが浮いているような感じがする」

 

「ふわふわの地面を歩いているような感じがする」

 

「頭がフワーッとする」

 

など、人によって感じる表現は様々ですが女性に多いめまいのタイプになります。

 

浮動性のめまいは、回転性めまいのように激しい症状はありませんが、症状が何年も続くことがあります。

 

回転性の発作を繰り返し、めまいが慢性化してくると起こるという特徴があります。

 

動揺性めまい

頭やカラダがグラグラ、あるいはユラユラと揺れている感じがする症状です。

 

歩いている時にも、足元がふらついたり、まっすぐ歩くことが困難な時もあります。

 

MRIやCTの検査でも原因がわからないため、「原因不明のふらつき」として扱われることが多いのが特徴です。

 

立ちくらみ

座っていた状態からいきなり立ち上がると一瞬ふらふらしてしまう「立ちくらみ」。

 

これは脳に血液が行き届いていない状態で「起立性低血圧」とも呼ばれます。

 

めまいの症状を改善させるには

MRIやCTなどの検査で「脳」には異常がない場合のめまいの原因は頭蓋骨の歪みとリンパ液が大きく関係しています。

 

頭蓋骨の歪みを改善

 

めまいの症状は三半規管という耳の奥にあるバランスを司る器官が問題なので頭蓋骨がものすごくが関係しています。

 

三半規管は頭蓋骨の側頭骨の内側にあるため

 

この側頭骨が歪むことで内側にある三半規管に大きなストレスが加わり正常な機能を失ってしまいます。

 

リンパ液の流れを改善

 

耳の奥にある三半規管はリンパ液で満たされていて、体の傾きなどによってリンパ液の傾きが変わるようになっています。

 

頭蓋骨や背骨、骨盤に歪みがあるとリンパ液の流れが滞ってしまいます。

 

特に頭蓋骨が歪んでいるとリンパ液が溜まり過ぎて内耳にある三半規管を圧迫してしまいます。

 

内耳に溜まり過ぎたリンパ液を流してあげるには頭蓋骨や骨盤などの歪みを取り除き常にリンパ液がスムーズに流れる状態にしておく必要があります。

 

そうすることで三半規管の機能が回復しめまいの症状改善につながります。

あおば整体院のご案内

〇〒983-0868
 仙台市宮城野区鉄砲町中5-9アスコット鉄砲町1F
〇駐車場
 近隣コインパーキングのご利用をお願いします

24時間対応専用メールフォーム


〇アクセス
仙台駅東口徒歩12分



TOPへ