顎関節症

顎関節症とは

当院にご来院される患者さまの中でもっとも多い症状が顎関節症です。

 

顎関節症は、顎の違和感や痛みなどが日常的に起こっている症状です。

 

原因も症状の度合いや症状の場所も様々ですがまとめて顎関節症と言います。

 

痛みが無くても口を開ける時にカクカク音が鳴る場合や顎に違和感があれば

 

顎関節症になっている可能性があります。

 

一般的な顎関節症の症状

 

口を開けたり閉じたりで音がなる

カクカク、シャリシャリなど口を動かしたり顎を動かすと鳴る

 

顎が痛い

物を噛む時、口を開ける時に痛みがある

 

下顎が動く

顎関節症になると顎に違和感を感じるので無意識に下顎を動かしてしまいます

 

噛み合わせ

上顎、下顎の関節がズレるため前歯が当たってしまたり隙間がでてしまったりする

 

一般的な顎関節の治療

一般的な顎関節症治療では、歯科や口腔外科でマウスピースを作って就寝時に装着します。

 

ズキズキする痛みがある場合は投薬で痛みを緩和させるようです。

 

顎関節症が及ぼす影響

 

顔の歪み

頬骨、下顎、上顎の関節がズレてしまっているので時間の経過とともに少しずつ顔が歪んできます

 

体の歪み

顔の歪みのバランスを補正するために肩の高さや骨盤など体の歪みがでてきます

 

体の不調

顎に痛みや違和感があるため首や肩の筋肉が緊張して頭痛、肩こり、めまいなど様々な体の不調へと繋がってしまいます

 

自律神経の乱れ

顎に痛みがあると物を噛む動作をなるべくしないようにしてしまうため唾液の分泌量が低下してしまい脳への刺激不足で自律神経が乱れてしまうことがあります

page top