急性腰痛について

ぎっくり腰と整体|仙台市のあおば整体院

急性腰痛とは一般的にギックリ腰と言われている腰痛です。

 

ギックリ腰に対して世間一般の常識として行っていたことが実は効果がなかった、逆にひどくなってしまうということがありますので

 

ギックリ腰になった時の対処方法をご説明します。

 

一般的にギックリ腰になったら

 

絶対に動かないで安静にする

 

熱いお風呂でゆっくりあたためる

 

コルセットをきつく巻いて夜は寝る

 

わかめを入れたお風呂に40分入る(昔整形外科では良く言われていたそうです)

 

このようなことをテレビでも放送していますし友人からも聞いたりするので信じている方が多いと思います。

 

では、本当にこれが正しいギックリ腰の対処方法かというと一概に間違えとは言えませんが間違えです。

 

まず、絶対に安静ということはないです。

 

むしろゆっくり歩いたり、足踏みをしたほうがギックリ腰には効果的です。

 

熱いお風呂に入ると確かに腰痛が楽になるので効果があると思う方がいますが、

 

ギックリ腰で腰がズキズキしている時は炎症反応がでているので温めるよりはアイシングをしてあげた方が効果的です。

 

コルセットをきつく巻いて寝るというのは、寝ている時は凝るコルセットは外してください。

 

巻くのは日中巻いて歩くことをお勧めします。

 

わかめ風呂は、、、効果はわかりません。

 

ひと昔前は本当の整形外科の先生が患者さんに行っていたそうです。

 

世間一般的だと思われていた腰痛(ギックリ腰)の対処方法などは実は専門家からすれば間違えだらけということが多いです。

 

自分で判断せずに専門家にご相談ください。

page top