腰痛は薬で治るの?

腰痛と薬|仙台市のあおば整体院

腰が痛くい場合、ほとんどの方は最初に整形外科に行くのではないでしょうか?

 

レントゲンを撮ってもらい、筋肉を柔らかくする薬か痛み止めの薬を出されます。たまに、セリカという痺れ止めの薬も出されます。

 

薬は、腰の痛みを軽減させてくれる物であって、腰痛の原因を治すものではありません。

 

薬の効果があるときは、痛みが軽減するので動かすことが出来て治ったような錯覚を起こしてしまいますが

 

痛めた腰の靭帯や組織、細胞は全く治っていません。

 

むしろ、痛みを薬で誤魔化しているので薬の効果が切れたときに飲む前よりひどくなっているケースもあります。

 

痛みがひどくなってしまったらまた薬を飲む、効果が無くなると痛くなる、また飲むという事を繰り返してしまうのです。

 

実際に、痛め止めの薬を常備して薬がないと不安で仕方がないという方はいます。

 

薬に依存してしまうのは危険です。

 

整形外科で痛み止めと一緒に胃薬を出されたりもします。

 

なぜ胃薬がだされるのか、、、

 

痛み止めの薬はカラダにリスクがあるからです。

 

薬の原材料は石油です。

 

飲み続けたら本当に危険な状態になってしまいます。

 

腰の痛いが強くて仕事も大変な状態の時は薬を服用するのは全然オッケーだと思います。

 

しかし、薬で腰痛の原因を根本的に治すことは絶対に無理です。

 

薬に頼らず腰痛の原因をきちんと探して原因から腰痛を改善することが大切です。

page top