産後骨盤矯正

産後の骨盤矯正をどうしようか悩んでいる方や産後の腰痛や尾骨痛が良くならずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

骨盤矯正はした方がいいよと言われるけどどれが正しいのかわからない

 

〇〇ベルトで骨盤を締めているのに体系が全然戻らない

 

骨盤矯正を受けても腰痛や症状が改善しない

 

骨盤矯正はやりたいけどどこに行けばいいのかわからない

 

ボキボキされて逆にひどくなった

 

実際に当院でも整体院で産後の骨盤矯正を受けたけも効果を実感できなかった方や

 

産後の腰痛で整形外科や整骨院、整体院に通ってはみたけどもなかなか良くならずに困っていた方がほとんどです。

 

なぜ、産後に骨盤は歪むのか?

 

お母さんが出産するためにはお腹の中に赤ちゃんと羊水を合わせて約5キロの大きさを納めるスペースを確保しなければいけません。

 

そのためリラキシンというホルモンを分泌させて約10カ月の期間をかけて骨盤はゆっくり広がります。

 

出産する時には赤ちゃんの通り道である産道を広げる必要があるためさらに骨盤は左右に大きく広がります。

 

このため妊娠中から骨盤はホルモンの影響で、非常に緩んで動きやすく歪みやすい状態になっているのです。

 

さらに骨盤だけではなく、お腹を支えていた腰や足などの筋肉にも大きな負担がかかっていた状態です。

 

産後の骨盤の歪みを放置しておくと

腰痛になってしまったり

 

足にしびれが出てきたり

 

足のむくみが出てしまったり

 

肩こりや背中のコリが出たり

と様々な症状の原因に繋がってしまいます。

 

このような理由から産後は骨盤をしっかり正しく整えておく必要があるのです。

 

あなたは間違った産後の骨盤矯正を受けていませんか?

産後の骨盤矯正には様々な選択肢がありますが、「骨盤矯正」と名前が付いていればなんでもいいわけではありません。

 

施術を受ける時間帯や刺激、ベルトの締め方などが非常に重要です。

 

骨盤矯正を受ける時間帯

人間は朝起きて活動して夜に寝る生活を繰り返しています。

 

この人間が生活しているサイクルに合わせた最適な時間帯で骨盤矯正を行うことが大切です。

 

ベルトの正しい締め方

人間は活動する時間、休む時間とリズムがあります。

 

補正下着を寝ている時間帯も装着するのが人間のカラダの構造上正しいのか疑問ですが活動する時間帯に合わせてあげることが大切です。

 

骨盤を締める体操

骨盤矯正の施術を受けるのは30分位の時間です。

 

その他の時間は普段生活をしている時間になります。

 

骨盤矯正を受けない日は3分位のセルフケアの体操をして頂く事が大切です。

 

妊娠から出産まで10カ月かけて骨盤がゆっくり広がって出産をします。

 

出産後は今までの疲労や出産時の疲労でカラダは体力がない状態です。

 

強い力での骨盤矯正や無理に締め付ける補正下着が骨盤に対して正しい行為だと思いますか?

 

人間のカラダの構造や生活スタイルに合わせた無理のない骨盤矯正でカラダは変化します。

 

産後骨盤矯正のよくある質問

骨盤矯正はいつから受けられますか

出産後1ヶ月半後から大丈夫です。

 

昔から”床上げ”と言う言葉があるくらいですから出産後は心身共に疲労しているカラダをまずはゆっくり休ませて疲労を回復してください。

 

体力が回復してからで全然大丈夫です。

 

帝王切開で出産された方は、傷の具合もありますので2ヶ月後くらいを目安にご連絡ください。

骨盤矯正は痛いですか

テレビで紹介されているようなボキボキする骨盤矯正は行っておりませんのでご安心ください。

子供と一緒でも大丈夫ですか

当院は完全予約制ですので他の患者さまにご迷惑をかけてしまうことはありませんので一緒に来ていただいて大丈夫です。

 

ただ、赤ちゃんが泣いて気になって施術を受けることに集中できないなと思う時は旦那さんに預けるなどのご協力をお願い致します。

回数の目安はどのくらいですか

産後に腰痛や恥骨痛などの症状がなければ約6回〜8回を目安にしてください。

 

期間としては2〜3ヶ月。個人差はありますが経験上8回前後の骨盤矯正できちんと骨盤は締まりますのでご安心ください。

産後の骨盤矯正を受ける前に相談はできますか

大丈夫ですよ。

 

お電話でもメールでもどちらでもお問合せ下さい。

 

通院を促すようなことは一切致しませんので不安に思っていることは何でもお聞きください。

 

 

TOPへ